コンタクトレンズは初めて

Q「カラコンって目に悪いの?」

A「良いことはありません」

目の角膜はずっと呼吸をしています。
コンタクトレンズは、角膜の上からかぶせるので
酸素不足になりがちなのですが、
その中でもカラコンは、色がついているのために、酸素透過性が低く
非常に悪いと言われています。

また、目にモノを入れるということ自体、
細菌などの感染症にかかりやすくなります。

過去には「カラコンで失明した」という方もいますが、
カラコン本体が悪かったという人より

・装着時間が長すぎ、寝る時もつけていた
・きちんと洗浄をせず、感染症にかかった

という人が多いようです。

目を大きく見せる効果などで
若い女性を中心に人気の高いカラコンですが、
目に悪い点ことをしっかり分かった上で、
安心してつけられるようにしましょう。

 

Q「カラコンは初めてですが、何からするの?」

A「初めに眼科へ行きましょう!」

眼科では、BC(ベースカーブ)などを測定してもらえます。
BCが不明だと、自分に合ったカラコンが選べません。

さらに、ごくたまに、カラコンや洗浄液などに対して
アレルギーがある場合もあるようです。

「コンタクトレンズは初めて」という人は、
問題なく使うために、絶対に眼科を受診しましょう!

診察時に、カラコンの決められた使用方法を教わります。
使用時間や、洗浄・保管を適当にすると
失明のおそれもあるので、きちんと覚えましょう。

着脱の練習をさせてもらえる眼科が多いので、
初めての人にはありがたいですね。

近視の人は、コンタクトレンズ用の
度(PWR)も測定してもらいます。
さらに、遠視や乱視用のカラコンもあります。